Artek Stool60(アルテック スツール60) 3本脚か4本脚かのねぎ子の意見

Finland
スポンサーリンク

ArtekといえばStool60 !

Artek(アルテック)は言わずと知れたフィンランドの家具メーカー

いちばん有名なのはこのStool60(スツール60)でしょう!

フィンランド好きのねぎ子ももちろん導入しています。

ネットショップのScopeで別注リノリウムカラーが出たときに買いました。

最初は1脚だったのですが、引越しして家が広くなるたびに増殖していき今は3脚です(汗)

ねぎ子家での使い方は

  • 基本的にPCやバッグ、小物置き場・・・
  • たまに上に花瓶を置いて花を飾ります。
  • 来客用の椅子としても

といった感じです。
適当に置いといても絵になる。

Artek Stool60
左がコーンフラワー 右が旧オリーブ

3本脚か4本脚かどっちにする??

たぶん、これ結構迷う方が多いのではないでしょうか。

4本脚これです。

結論から書きましょう。

ねぎ子は絶っっ対に3本脚をオススメします!!!!

3本脚がオススメの理由

率直に言って、3本脚じゃないならアルテックじゃなくていいんです。

IKEAに似たようなスツールが1,999円で売ってます。

これでいいです。
(私使ったことないのですんごい壊れやすいとかあるかもですが。)

見た目が3本脚の方が断然美しい!!

Stool60の脚は丈夫で太めなので、脚が4本あると、私はモッサリ感じてしまいます。

もちろん好みなので、4本脚の見た目が好きならよいでしょう。

子どもが座るのに安定感が気になるなら、大きくなってから使おう

3本脚か4本脚か迷っている理由は

「3本脚は安定性がないんじゃない??」

という点ではないですか?

大の大人が座る分には全く問題ないです。気にせず、見た目を好きな方を選んだらよいです。

ただ小学生以下の子供は足が届かない場合もありますし、安定性はないでしょう。
子どもが使う椅子としてはおすすめしにくいです。
(高さは44cm。椅子としては少し高めです。)

でもだったら大きくなってから使えばいいじゃん?と思います。

子どもの期間は限られてます。

10歳くらいになれば足もつくようになるでしょう。

Artekの名前は 「アート(芸術)」と「テクノロジー(技術)」のを掛け合わせています。

3年、5年というスパンでなく、もっと長いスパンで愛用していってほしい。

どうせならArtekらしい3本脚をヴィンテージといえるくらいまで
使い込んでほしいと思います。

※ ねぎ子の私見ですので、3本脚にしていまいちだった!と訴えないでくださいね・・・

もちろん3本脚でも4本脚でも脚立代わりに使ったらダメですよ!!

スポンサーリンク

4本脚、正直高い

当たり前ですけど、3本脚より4本脚のほうが高いですね。

今Scopeの別注リノリウムでいうと4,000円差があります。

スツールでこの価格出すのか?

結構勇気のいる価格だと思います。4本脚の2万円台後半はちょっとなぁ~と思ってしまう価格です。価格面でも3本脚に軍配。

それにしても、L字レッグは本当にすごい。木材をうすーく切ってかみ合わせてまげています。
この脚が1本多いと思えば4,000円の価格差も当然なんです。わかっちゃいます。

Stool60 L字レッグ
みよ!この美しい曲線とよーくみると細い板が組み合わされている!

いつか行きたい、Artek 直営セカンドサイクルショップ

Artekは自社でセカンドサイクルショップ(リサイクルショップ)を運営していて、商品がWeb上で確認できます。
(価格の記載はありませんでしたが問い合わせができるようだったので、もしかして送ってくれるかも??)

見ているだけで楽しい!家具だけでなく、アアルトベースも載ってました!

Artek - The store
Vuonna 2011 Artek juhli 76. toimintavuottaan avaamalla Artek 2nd Cycle -myymälän Helsingin keskustaan. Se toimii kohtauspaikkana keräilijöille, asiakkaille ja m...

店舗はヘルシンキのデザイン美術館のすぐ北。観光客でも行きやすい場所です。

今度ヘルシンキに行ったら絶対行こう~♪♪



ブログ村に参加しています

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧モダンインテリアへ

タイトルとURLをコピーしました