新築マンションの設計変更:ねぎ家の場合

マンション
スポンサーリンク

こんにちは、ねぎ子です。

昨日は間取りのプラン変更について書きましたが、今日は設計変更です。

間取りのプラン変更は何パターンか図面が用意されていて、選択する形式ですが、

設計変更はさらに細かく変更をします。

ねぎ家のマンションでは内装オプションと同じタイミングでいろいろと設計変更を行うことができました。

ウチの設計変更① クローゼットの位置変更

うちの間取りの一部です。(中和室の代わりに選択した3.2畳の小部屋も見えます)

このクローゼットの場所を移動しました。

この2部屋を連結させて1部屋として使う作戦です。

本当はクローゼットをなくしたかったんですけど、設計士さんに相談したところ

「床面積が変わって登記の変更手続き?(ちょっと自信なし)が必要なので、クローゼット移動より高くつきます、移動にしましょう」

といって移動になりました。

たぶん設計士さんも面倒だったんでしょうw

でも床面積変わるのでもしかして固定資産税もアップするかも!?

このクローゼットも貴重な収納スペースなのでなくさなくてよかったです。。。ゴルフバッグ入ってる。

ウチの設計変更② 引き戸を3枚扉に&高さ変更

あとクローゼットが移動した分、部屋の境の引き戸を2枚から3枚に変更しました。

引き戸は上にレールがある吊り戸も選択できました。

吊り戸にすると床部分のレールがなくなり、部屋の境界がフラットになります。

ねぎ家の使い方だと吊り戸でもよかったのですが、だいぶお値段アップになってしまうのと、

引き戸だと戸を完全にはずすことができるが、吊り戸だとはずせないということで引き戸にしました。

あと扉を天井ぎりぎりの高さにして、より1部屋っぽくなるようにしました。

以上設計変更で約25万円なり~

結局引き戸ははずさずに使ってます。

昼間に昼寝したいときに引き戸を閉めて真っ暗にできるので案外便利ですw

意外な行灯部屋(窓ナシ部屋)の使い道でした。

それでは~



にほんブログ村に参加しています。

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

タイトルとURLをコピーしました