マンション

マンションのモデルルームには何件いくべきか【おすすめは3件!】

こんにちは、ねぎ子です。

マンションをまさに購入しよう!と考えている方。

モデルルームにはできるだけたくさん行った方がいいのかな??
ねぎ子
ねぎ子
いいえ!やたらめったら行くのはおすすめしません!

「今からマンションを購入しようとしている」方に、モデルルームに行く回数は3件をおすすめする理由を解説します。

ねぎ子
ねぎ子
ねぎ子は小さい頃から間取り図大好きで、両親のマイホーム購入もアドバイス。2018年に自分のマンションを購入しているよ。

マンション購入は即決が求められる

マンション購入は即決が求められます。

どれくらい即決が求められるのでしょうか。

新築マンションの場合

新築マンションの場合は1週間~10日。

マンションの申し込み方式にも抽選方式などありますので、一概には言えません。

しかし即申し込み可能なマンションの場合、モデルルームに見学に行ってから、契約書にサインするまでだいたいコレくらいです。

もちろん、申し込みせずに何か月か悩むことはできます。

しかし、申し込みをキープしたまま、待ってもらえるのは大体これくらい。

悩んだあと申し込みに行ってもそのとき気に入った間取り・階数が空いている保証はありません。

中古マンションの場合

中古マンションの場合はもっとシビアです。

見学に行ったら今日契約するつもりで臨んだほうがいいでしょう。

あまり買い手が付かない物件ならともかく、目を引くような条件の場合、

次の週末まで残っている可能性は限りなく低いです。

大きい買い物の決断はストレスがかかる

マンションは金額も大きく、判断を誤ると大きな損失を抱えるリスクもある大きな買い物。

そのような決断をするのは大変ストレスがかかります。

これを10件も抱えてしまうと、ストレスでマンションを買うのが嫌になってしまいます。

3件、多くても5件くらいが限界ではないでしょうか。

多い件数を見ると決められない病になる

賃貸物件の内覧でも経験がないでしょうか?

あまりにも多くの物件を見ると「もっといい物件があるかも」と思ってしまい、なかなか決断できなくなります。

しかしなかなか100点のマンションを見つけることは難しいです。

逆に「あのときの物件を買っておけばよかった」と負のループに陥ります。

資料で候補は絞ってからモデルルームに行こう

幸い今は物件のホームページや資料請求で物件の概要を知ることができます。

ルームシミュレーションまで付いているサイトも。

「買ってもいいかな」と思えるマンションに絞って見学に行くことをオススメします。

買う気のなかったマンションが「モデルルームに行ってみたらすごくよかった」となることはほとんどありません。

立地、設備といった情報はモデルルームに行かなくてもほとんど得られるからです。

唯一わかりにくいのは「価格情報」。

資料では○,○○○万円~○,○○○万円という表現になっていて、具体的な価格はわかりずらいです。

行ってみたら

「思ったより高かった」

「希望の大きさの部屋は売り切れていた」

価格情報や売れ行きはモデルルームに行ってみないとわかりません。

まとめ:決断する件数は絞ろう!

マンションは大きな買い物。

1件で決断するのはコワイと思っても、あまり決断の件数を増やさずモデルルーム見学の件数は3件、多くとも5件程度にすることをオススメします。

ちなみに今は買うつもりはないけど、将来買いたいからちょっと見てみたい、というならば3件に絞らなくてもOKです。

その場合は係の方に「今すぐ買うつもりはない」と伝えることをおすすめします。

もしかしたら冷たい態度になるかもしれませんが、そんな営業マンはダメですね。

将来のお客様を逃しているんですから。

私のブログにはマンションをこれから買いたい方に役立つ情報を掲載していますので

ぜひ他の記事もご覧下さい。

それでは~

にほんブログ村に参加しています

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ
ABOUT ME
アバター
ねぎ子
2018年に新築マンション購入。北欧インテリア&フィンランド好き。 たまの旅行を楽しみに働いている。夫のかも男とふたり暮らし。 小さい頃から間取り図が好きで、このブログではマンションの選び方を発信しています。サブブログ:かもねぎkivi研究室