リモワを成田空港で修理した話

旅行
スポンサーリンク

こんにちは。ねぎ子です。

以前アメリカに行った際のこと…

現地に到着してホテルでスーツケースを開けると

うーん?なんか中身がくちゃくちゃなような??

行きにスーツケースの荷物検査に引っかかったようで、こんな紙が入っていました。

あー初めてやられましたね。

さらにスーツケースの鍵が壊れて掛けられなくなっている!

もちろん、アメリカに持ち込む際でも鍵をかけてよいとされているTSAロックです。

検査官「あーなんか鍵もどんなくなっちまったぜ!

(がちゃがちゃがちゃ)

あーもう時間ないからNext!!!」

みたいな感じが漂ってました。

鍵の付近に傷が結構付いていた。

スポンサーリンク

空港でちゃんとスーツケースをチェックしなかったことを後悔

実は以前も旅行のときに手荷物預けの際にスーツケースが壊れており、(フレームがゆがんでた)気づかずに、

ホテルで初めて気づくということがありました。

空港で気づけば事故証明書をもらって、保険が出たかもしれないのに。。。

というとで、それからターンテーブルでスーツケース受け取り直後に簡単にチェックするようにはしていたのです。

でも鍵までは見てなかったなぁ。。。トホホ。

成田空港で修理できるらしい

スーツケースは1年前に買ったリモワ。

お気に入りだったのにと、しょんぼりしていたところ、成田空港で修理できるようです。

帰りは成田着なので、チャンス。

リモワには5年保証がついてます。

もしかして使えるかも!?

でも保証書は家だし大丈夫??

成田空港の第二ターミナルにあります

リモワの修理カウンターは、成田空港第二ターミナルの1階、南側(出口側を向いて一番左)にあります。

RIMOWAエアポートサービスカウンター
ドイツに本社を置く世界的なスーツケースメーカーRIMOWA専用のサービスカウンターです。成田国際空港のJALエービーシーカウンター内にサービス・技術スタッフが常駐し、RIMOWA製品の修理をその場で迅速に行います。

保証期間内かどうかは本体に刻印されている製造番号でわかるようです。

なので保証書はなくても問題ありませんでした。

買ったのは昨年ですが、セールで買った少し古い型だったので大丈夫かなと思っていましたが、保証期間内です、とのことでした。

(買ってから5年の保証というわけではないようです)

日本のリモワ店舗での購入でなく、楽天のネットショップで買ったものでしたが、大丈夫でした。

また、保証期間は切れていると有償にはなりますが、修理はしていただけます。

鍵の回りの荷物を取り出し、その場で鍵ごと交換となりました。

私のスーツケースのカラーはブラックやレッドなどの定番カラーではないのですが、ちゃんと部品があってちょっとビックリ。

申し込み用紙に名前などを書いて少し経ったら終了!

その間2,3分だったでしょうか。めちゃくちゃ速い!!

少しお高いリモワですが、メンテナンスして長く使っていこう!と思えた体験でした。

それでは~

にほんブログ村に参加しています

にほんブログ村 旅行ブログへ

タイトルとURLをコピーしました