マンション

新築マンション購入の初期費用【明細公開します】

こんにちは、ねぎ子です。

今新築マンションの購入を検討している方で

新築マンションに購入時にいくら現金が必要なの?

と疑問に思っている方もいると思います。

私もそうでした!

今日はねぎ家の場合のマンション購入にかかった現金払いの初期費用を公開しちゃいます!

ねぎ子
ねぎ子
お盆休みに掃除してたら、明細が出てきたから忘れないうちに書いとこうかと。。

ざっくり必要な費用をまとめてみました。

初期費用の分類
  1. 諸費用(ローン手数料や登記費用)【200万円】
  2. 頭金【5万円】
  3. オプション代【100万円】
  4. 引越し費用【18万円】
  5. 家財・家電購入費用【54万円】

しめて377万円。

今思うと恐ろしい出費です。。。

ひとつずつ分解していきます。

① マンション購入の諸費用の内訳【計 200万円】

この中にいくつか内訳があります。

最初の手付け金は申し込み時に、それ以外の費用は住宅ローンの契約の少し前に支払いました。

(なお1万円以下は四捨五入していますので、合計が合いません)

1 手付金【105万円】

最初の購入時に支払う手付金です。

これは基本的に一回支払うと、購入者側の理由では戻ってきません。(ローンが通らなかった場合除く)

相場は購入金額の5%と言われています。

何かあったときに戻ってこないお金で、かつ手付金は絶対5%でないといけないという決まりもないので、

「万が一のことがあった場合にこのお金が戻ってこなかったら大ピンチ」

と感じたらなるべく低くしてもらうよう不動産会社と交渉することをおすすめします。

私の場合は105万円でした。購入金額の5%より低い金額です。

特に交渉したわけではないのですが。。

なお、私の場合はこの手付金は諸費用に充当してもらい、諸費用と手付金の差額を支払う形にしました。

よって合計の200万円にこの金額は含まれていません。

2 住宅ローン諸費用 【88万円】

これはほとんどが保証料です。

保証料とは住宅ローンの契約者が返済不能となった場合に、保証会社が代わりに返済するというもの。

保証料を住宅ローンに含めて支払う方法もありますが、ねぎ家の場合は一括支払いでした。

なお、この保証料、繰上げ返済でローン額が減ったときは事務手数料を差し引いた額の返金がありますよ。

(200万円返済したら4万円ほど返ってきました。)

3 登記費用 【42万円】

不動産登記に係る費用です。

これは多めに徴収されてあまった費用は返金がありました。7万円くらい返ってきたかな。

4 管理費前納金 【53万円】

今見てみるとこれたかい!修繕費などに当てるマンション管理費の前納金です。

5 固定資産税 【3万円】

引越ししてからその年分の固定資産税はこちらに含まれます。

翌年から自宅に振込票が届くようになります!

6 事務代行手数料【6万円】

相場がよくわからない手数料。。。。

7 火災保険 【12万円】

私は不動産会社のあっせん会社で契約したので、不動産会社への支払いに含まれました。

他の自分で選んだ会社で申し込んでもOKです。

 

新築マンションの火災保険:不動産会社推奨の保険会社に入るべきかこんにちは、ねぎ子です。 マンションを購入するとほぼ流れ作業でポンポンはんこを押していくことになります。 オプション...

 

② 頭金 【5万円】

引越しを機にクルマも購入しようとしていたので、ビビッてほぼフルローンにしてしまいました。

5万円なのは、マンションの代金が○,○○5万円だったので、ローン総額をキリよくするためだけです。

でものちほどまたビビッて半年ほどで繰り上げ返済したのでした。。。。

③ オプション代【100万円】

ああーこれが高い!これでもがんばって厳選したほうです。。

オプションについてはこちらなどマンションオプションカテゴリで語っておりますので、あわせてご覧ください。

つけてよかったマンションオプション ベスト5こんにちは、ねぎ子です。 マンションオプションの記事、ダラダラ書いているのでまとめをしてみますよっと。 まずはねぎ子個人的主...

④ 引越し代【18万円】

これは幹事会社に頼みました。

新築マンションの一斉入居 引越しは幹事会社に頼むべきかこんにちは。ねぎ子です。 新築マンションを購入しますと、いろいろお作法?があってびっくりします。 そのうちのひとつ、お引越し...

ただし、引越し会社に支払ったのは12万円。

もうひとつ楽器の引越しがありまして、大型かつ大切な楽器なので楽器専門業者に頼みました。

これで6万円。すみません、楽器1つの引越しで6万とは普通の人には理解不能かと思います・・・

⑤ 家財・家電購入費用【54万円】

これには、けちってオプションではなくて自己手配したカーテンや窓ガラスフィルムも含まれます。

ほぼ新しい家具は買っていないので、わりと抑えられているほうかと思いますがそれでも50万円超えです。

  • カーテン
  • ダイニングテーブル
  • 照明
  • 窓ガラスフィルム
  • ユニットシェルフ追加
  • エアコン1台

これくらいですかね。

まとめ:最低でも250万円くらいは必要

今回改めてまとめてみましたが、結構かかっていました。

この中で諸費用と引越し代は削減することが難しいです。

ローン金額にもよると思いますが、頭金を除いても最低250万円はかかるのではないかと思います。

でもピカピカのマンションライフはやっぱり賃貸とは違います!

納得のマンションライフをゲットしたい方の参考になればと思います!

(ちょっとはずかしかった。。けどこんな情報私も買う前に知りたかったので。)

それでは~

にほんブログ村に参加しています

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ
ABOUT ME
アバター
ねぎ子
2018年に新築マンション購入。北欧インテリア&フィンランド好き。 たまの旅行を楽しみに働いている。夫のかも男とふたり暮らし。 小さい頃から間取り図が好きで、このブログではマンションの選び方を発信しています。サブブログ:かもねぎkivi研究室