おうちのメンテナンス

新築マンションの2年点検のチェックポイント【壁紙要チェック!】

こんにちは、ねぎ子です。

新築マンションはだいたい購入して1年と2年のタイミングでアフターサービスとして定期点検があります。

マンションの保証期間は2年に設定されていることが多いです。

2年目のアフターサービスまでは施工当初の不具合は無償で補修してくれます。

よって最後の保証がつく点検である2年目点検では残らずしっかり不具合は指摘したいところ!

でもどこまで言っていいのかな。。?と悩みますよね。

結論から言うと、恥ずかしがらずに気になるところは全部指摘してみましょう!!

です。マンションのプロが購入するわけではないですから、何が不具合で何が不具合でないかわからないのは当然!

聞かずに後悔より聞いて後悔!

さて、先日2年点検を完了したねぎ家の指摘事項をご紹介しましょう!

それではれっつらドン!

1 スイッチのラベルの傾き

これ、自分的には指摘しようか迷ったんです。

でもどーしても気になってしまって思い切ってお願いしました。

この「リビング」という文字のラベルがちょっと左に傾いています。

Before

(すみません、めっちゃブレてます)

After

施工会社

うーん、どうしても下に寄ってしまいますね。。

まだ少し下に寄っていますが、マシになりました。

毎日何回も見るところなので「モヤっと」が解消しました。

2 壁紙のはがれ、浮き

2番目はたぶん一番定番の壁紙。

こんな感じで継ぎ目のところがはがれてしまっています。

よく見ると。。という程度なのですが。

ここはかも男(夫)が厳しく、、

ねぎ子

ここまで指摘するの??

かも男

全部言え。

ということで5か所ほど指摘。

あとこれは写真を撮り忘れてしまったのですが。。壁紙が蚊にさされたような感じで少しぽこっと浮いている箇所がありました。

念のためココも指摘してみたら。。。

コンクリート壁と壁紙の間にカットテープが残っていた!!

壁紙をカットしてキレイにはがしてもらえましたが、これは素人では対応できん!!

ねぎ子

やっぱり気になるところは言ってみるべきね、、、

3 壁紙のヒビ

こんな感じでよーく見ると壁紙に透けて線が。

これは残念ながら

施工会社

コンクリート壁にどうしても乾燥でヒビが入ってしまうことがあり、壁紙が拾ってしまうことがあります

ということで直せませんでした。

4 戸枠の白い汚れ

写真を撮り忘れしまったのですが、扉の枠にコーティングのはがれのような白い汚れがついていました。

見てもらったところ、水糊が残ったものということで、テープをペタペタと使ってきれいにしてもらいました。

これはAfter↓

ねぎ子

てっきりコーティングがはがれてるのかと思った。そんなあっさり取れるんかい!

ほかに要チェックなポイント

そのほかねぎ家では指摘しませんでしたがぜひチェックしておきたいポイントです。

なんだか水回りが臭う(配管つまりかも?)

水の流れが悪い(水漏れ?)

ドアや収納の扉が閉まりにくい(戸やレールの破損?)

素人では、不具合かそうでないか判断しづらいですが、もしかすると水漏れや配管つまりが発生しているかもしれません。

また、これらは素人では補修できないポイント。ダメ元で確認してもらうことをおすすめします。

ねぎ子

1年目点検のときに浴室の水の流れが悪いの指摘したらただの髪づまりだったでござる

一瞬恥ずかしいですが、お掃除の方法も教えてもらえたので助かりました!

2年目点検が終わったあとに壁紙の継ぎ目が目立ってきたら

壁紙の境目はどうしても年数が経つとはがれが出てきてしまうもの。

2年目点検後に壁紙の継ぎ目が目立ってきたら、コーキング剤とローラーを使うことでセルフでも可能です。

2年目点検の前に自力でやると保証の対象外となってしまう可能性があるので、やるならば2年目点検以降が無難です。

まとめ:気なったところは指摘するのが長く住むコツ

2年目点検、こんなこと言ってもいいかなーと思うところも快よく対応いただけました。

施工会社も慣れているはずなので、気になったところは後悔しないように聞いてみましょう!

特に壁紙はどのお宅でもはがれなどがある箇所だと思いますので家中を壁紙を点検しておきましょう!

それでは~

2年目になったらそろそろワックスもかけなおしの時期。

にほんブログ村に参加しています

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

ABOUT ME
ねぎ子
2018年に新築マンション購入。北欧インテリア&フィンランド好き。 たまの旅行を楽しみに働いている。夫のかも男とふたり暮らし。 小さい頃から間取り図が好きで、このブログではマンションの選び方を発信しています。サブブログ:かもねぎkivi研究室