ユニットシェルフの地震対策 ~高いところからの落下防止

こんにちは、ねぎ子です。

うちのウォークインクローゼットでは背の高い212.5cmのユニットシェルフを使っています。

心配なのが地震による揺れ。

転倒防止のつっぱりパーツを付けてはいますが、高い棚に収納しているボックスの落下が心配になってきました。

ダンボール製のバンカーズボックスを使っているので、地震の際に滑ってボックスが落ちてきそうです。

今回はそんな地震時の高い所のボックス落下対策をしてみたのでご紹介します!

見たいところにジャンプ

「落下抑制テープ」を貼ってみました

いろいろ調べて購入してみたのがスリーエムの「落下抑制テープ」。

テーブルの長さは1.8mと9mのものがあります。

「書棚用」と記載がある通り、もともとは図書館の書棚用に開発された商品。

東日本大震災で多くの図書館で書籍の落下被害があり、これをきっかけに短期間で開発されたそうです。

使い方は簡単。棚の前の方に貼るだけです。

半透明の少し厚いテープ、という感じです。

グレーのユニットシェルフだと全く目立ちませんね。

手でボックスを滑らせてみましたが、テープの厚みにひっかかりこのテープの前には動かせません。

かといって通常のボックスの取り出しには支障ありません。これはスゴイです。

使える素材、使えない素材

このテープはスチール等金属、ガラスに使用できます。スチール棚のユニットシェルフにはぴったりです。

逆にプラスチックや木材には使えません。

ユニットシェルフでも木製棚には使えませんのでご注意ください。

まとめ ユニットシェルフに気軽に地震対策できる

テープと考えると少し高めですが、地震対策グッズと考えると安い気がします。

地震がない方がよいのですが、このテープで不安が少なくなると思えばよい対策でした。

あわせて読みたい
無印良品:スチールユニットシェルフとステンレスユニットシェルフの違い 言わずと知れた、無印良品の収納家具、ユニットシェルフシリーズ。 金属性のパーツと棚板で作るシンプルな構造で、形を柔軟に変えることができ、インテリア性もあり、お...

それでは~

にほんブログ村に参加しています

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧モダンインテリアへ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

スポンサーリンク

見たいところにジャンプ
閉じる