マンション

アメリカのアパートメント(マンション)の間取り【ちょっと覗き見】

こんにちは、ねぎ子です。

今日はちょっと息抜き記事です!

このブログでは日本のマンションの間取りばかり扱ってきました。

今日は趣向を変えてアメリカのアパートメントの間取りを見てみたいと思います!

ねぎ子
ねぎ子
私は以前仕事にアメリカに頻繁に長期出張しておりまして、日割貸しのアパートメントに住んでおりました。

実はアメリカのアパート、なかなか快適ライフでもどりたいくらいです!

アメリカでの「マンション」の意味

そうそう、”マンション”という言葉、アメリカと日本では意味合いが違うので要注意です。

われわれ日本人が「マンション」というと

こんな感じ、

「アパート」というとこんな感じのものを想像します。

kazuunさんによる写真ACからの写真

しかしアメリカで「mansion」ということ

 

・・・

 

ででーーん!!!

こんな感じの「邸宅」というか「豪邸」という意味になります。

日本人が想像するマンションというか一戸建てでない住まいは「アパートメント」と言ってくださいね。

うっかり「マンションに住んでる」と言いそうになるので要注意です。

アメリカの基本間取りは○バスルーム○ベッドルーム

アメリカの間取り表記はバスルームとベッドルームの数で表します。

バスルームはお風呂だけでなく洗面所も含まれます。

これにリビングルームが付きます。

いちばんよく見かけるのは2バスルーム2ベッドルームです。

【出典】apartments.com

【出典】camdenliving.com

日本で1戸にお風呂が2つあったら豪邸ですが、アメリカでは至って普通です。

クローゼットも当たり前のようにウォークインクローゼットが付いていました。

ただ、正直あまりどのアパートも部屋の構成が代わり映えしないので、見ていて楽しいのは日本の間取りですね。

あと間取り図に方角が載っていないです。

下が南というわけでなく、下が玄関になっています。

日本人は方角で部屋の価格が変わってしまったりしますが、アメリカでは家の方角は気にしない方が多いようです。

(中国系の方は風水的な意味で気にすることはあるようですが。)

共用設備が充実!

その代わり私が住んでいたアパートは共用設備がかなり充実していました。

  • 24時間ジム
  • プール
  • テニスコート
  • 犬散歩用ゾーン(ドッグランっていうのかしら?)
  • キッズ用の遊具があるミニ公園
  • バーベキューゾーン
  • 宅配ボックス
  • テニスコート

日本のタワマンでもここまでは充実していないでしょう。

到底すべては使いこなせませんでしたが、ジムはよく使わせてもらいました。

間取り図よりこういった豪華設備をネットで見るのが楽しいです。

【出典】camdenliving.com

私の住んでたアパートをちょっと紹介

最後に私の住んでいたアパートをちょっと紹介します。

家具食器付きの部屋。1泊2ベッドルームで160ドルくらいでしょうか、周辺のホテルの相場より気持ち安いくらいです。

(通常の賃貸アパートは15ヶ月など数ヶ月単位での契約でもっと割安です。)

もちろんホテルよりこちらの方が広い。無駄に2ベッドルームに1人で住んでました。

ダイニング&リビング
キッチン

キッチンはガスコンロ4口&オーブン付き。日本で住んでるマンションより豪華。

シャワールーム

お風呂はやっぱり日本の方が落ちつく。

クローゼット

住めそうな広さ。

宅配ボックス

すっきりしたデザインの共用宅配ボックス。

メールでパスコードが届きます。

アメリカにはしばらく自由にいけそうにもありませんが、せめてネットや本で行った気分なろうと思います。

それでは~

にほんブログ村に参加しています

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ
ABOUT ME
アバター
ねぎ子
2018年に新築マンション購入。北欧インテリア&フィンランド好き。 たまの旅行を楽しみに働いている。夫のかも男とふたり暮らし。 小さい頃から間取り図が好きで、このブログではマンションの選び方を発信しています。サブブログ:かもねぎkivi研究室