マンション考察: 低層階か高層階か

マンション考察
スポンサーリンク

こんにちは、ねぎ子です。

ここらで。ちょっと答えがないお題をぶっこんでしまいました。

マンションを購入する際に気にするポイントのひとつ、階数。

低層階・高層階のメリットをまとめてみました。

低層階のメリット

  • 価格が安い
  • 中古で価格が下がりにくい
  • 階段が使える
  • 地震の時に揺れが小さい傾向

高層階のメリット

  • 眺望がよい
  • 明るい(前に建物がない)
  • 道路からの音がしにくい

1階のメリット

  • 庭付きなことがある
  • エレベータを使わないのでエレベータ待ちのいらいらがない。
  • 子どもが転落する心配がない

中古マンションを見ると。。

全部を見ているわけではありませんが、新築時にくらべて高層階と低層階の価格差はあんまり多くないかなぁという印象を持っています。

なので売ることを考えている場合は低層階の方がいいのかもしれません。

1階は特別安いわけではないですが、比較的長期間売れずに残っているなぁと思います。

新築マンションの上下階の価格差

新築マンションの上下階の価格差は気になるところ。

見てみると上下階の価格差は均一ではなくて、ちょっと差が大きいところもあります

・タワーマンションで中層エレベータも高層エレベータも停まるとか

・正面のマンションの高さを超えるから眺望が開けるとか

まぁ理由があるもんです。

高層階を買ったつもりが前のマンションとかぶった!なんてことがないように、上下階の価格差を含めてチェックしてみてくださいね。

結局は何を優先するかによる。。

結局は自分がマンションの優先度をどれに置くかと思います。

立地を優先すると、低層階しか買えないかもしれないし、広さを優先しても低層階となるかも。

それでも高層階がいいというなら、ちょっと広さは妥協、、とか。

あーむずかし!

それでは~

にほんブログ村に参加しています。

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

タイトルとURLをコピーしました