マンション 内覧会での採寸ポイント

マンション
スポンサーリンク

こんにちは、ねぎ子です。

マンションを購入したあと楽しみな内覧会!

もちろん家の検査がメインですが、入居までに家具などを揃えるために、いろいろと採寸をしておきたいところ。

内覧会はあまり時間がありませんので、あらかじめ測っておくポイントを決めておくことが重要です。

ねぎ家はいろいろと忘れて、採寸し直す羽目に…

その失敗を活かしてポイント書いてみますよ。

図面からはわからないところを攻めるべし!

単純な横幅でしたら図面でわかります。

数センチレベルではわかりますね。

なので図面では読み取れないところを攻めるべしです。

具体的には高さ、ドアを開けたり操作しないと測れないもの、数センチの誤差も許容できないものです。

さらに具体的に重要順に挙げていきます!

1 カーテン

カーテンをオプション以外でオーダするなら採寸必須!

入居初日から必要なものですからね…

測り方もお店によって色々なので予習のうえ臨みましょう!

できればお店の採寸サービスを頼むのが安心です。

ねぎ子は自力で採寸し、カーテンを設置するまで気が気じゃありませんでした。

2 家具の搬入経路で1番狭いところの幅

忘れがち(忘れてた)ポイント!

冷蔵庫、洗濯機など大型家電、家具の購入を考えている場合は、搬入できるか、見ておきましょう。

ドアノブがじゃまにならないかなど、ドアを開けて測っておくことがポイントです。(ドアノブやドアは搬入時に外してもらえる場合もあります。)

私はこれまた、しっかり測っていないのに大型家具(しかもオーダーメイド)を買ってしまい、搬入まで気が気じゃありませんでした…

3 洗濯機置き場の幅、奥行き

もし洗濯機ラックを置くなら、幅、奥行き、水栓のある高さを採寸しましょう。

洗濯機ラックは結構幅がシビアな場合が多く、洗濯機設置後には置けないタイプのラックも多いからです。

4 キッチンや洗面の引き出しの幅、高さ、クローゼットの高さ、横幅

キッチンのシンク下などの引き出しなど収納スペース。

収納グッズで整理しようとしている場合、ここも採寸しておくと事前にグッズを用意できます。

ただ後からでも揃えられるので優先度は下がってきます。

5 換気扇フィルターの大きさ

これまた、換気扇フィルターをオーダーする場合は採寸必須です。

フィルターの厚さも要確認。

こんな感じでしょうか。

採寸がうまくいきますように!

それでは〜

にほんブログ村に参加しています。

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

タイトルとURLをコピーしました