北欧デザイン

パペリナを安く買う方法【2021年版】

北欧生まれのプラスチックラグ、パペリナ。

わたしは過去このブログでパペリナ愛を語っておりますが、

かわいいけれど、ほんと値段だけはかわいくありません。

このパペリナをできるだけ安く買う方法を調べてみました。

一度買えば数年間は使えるこのマット。

できるだけお得にゲットしてみてくださいね。

前提:240×70㎝のマットで比較

さて、パペリナのマットは大きさが様々な種類がありますので比較しやすくするために

240×70㎝のキッチンマットサイズを基準に比較してみますね。

1.並行輸入ショップで買う

まずはネットの並行輸入品取り扱いショップで購入する方法。

ガリバーオンラインショップさんは楽天、アマゾン、ヤフーショッピングに出店しています。

ポイントなどの割引もあるので、お買い物マラソンや5のつく日などポイントアップする日に狙うとかなりお得になると思います。

ソフトバンクユーザーなら日曜にはポイント10倍になるので日曜日にヤフーショッピングで買うのが一番安そうです。
※ポイント10倍は1000ポイントが付与上限なのに注意。25,000円以上なら5のつく日の方がお得です。

.

.

柄なしのSveaシリーズの240×70㎝のキッチンマットサイズが

この記事を書いている2021/6/7時点でで18,999円(税込)です。

完全に値段だけならこれがベスト。

ただし、売り切れのカラーがとても多く、あまり選択肢がありません。

  • 価格が安い
  • ショッピングサイトのポイントが付く
  • 並行輸入なのでメーカー保証は受けられない
  • 売り切れの柄、カラーが多く選択肢が少ない

2.日本の正規店ショップで買う

ネットの日本正規店取り扱いショップで購入する方法。

HOKUO-DESIGNさんは楽天での取り扱いがあります。

こちらも楽天でポイントアップする日に狙うとお得になると思います。

.

柄なしのSveaシリーズの240×70㎝のキッチンマットサイズが

この記事を書いている2021/6/7時点で31,350円(税込)です。

並行輸入と比較すると高いですが、正規店の安心と豊富な種類がメリットです。

  • 国内正規店なので安心、保証あり
  • ショッピングサイト(楽天)のポイントが付く
  • 取り扱い種類、サイズが豊富
  • 並行輸入に比較すると高い

3.海外のショップで買う

海外のネットショップで購入する方法。

日本に発送可能なショップは「finnish designshop」です。

「finnish designshop」で買い物した際の記事を書いています。

柄なしのSveaシリーズの240×70㎝のキッチンマットサイズが

この記事を書いている2021/6/7時点で24,425円です。

これに関税と日本の消費税がかかる可能性があります。2万円を超えているのでおそらくかかると思います。

.

海外から買うと安くなりそうですが、実は日本で並行輸入品を買うより高いです。

このサイトでないと購入できない商品でどーしてもほしい!ということがない限りはおすすめしません。

たまにセールになっているのでその際は狙ってみてもいいかも。

  • 国内で取り扱いがない、売り切れの商品が売っている可能性あり
  • たまにセールで安くなっている
  • 並行輸入に比較すると高い
  • 国際郵便なので配送事故の可能性が上がる
  • 関税や消費税の金額が到着するまではっきりわからない
  • 到着商品に何かあったときには英語での問い合わせが必要
  • そんなリスクがある割には安くない
  • ポイントは付かない

(番外).メルカリで買う

メルカリでもパペリナは出品されています。

新品はネットショップ並みの価格なのでねらい目は中古です。

ただ、中古のマットを気持ちよく使えるかどうか。。。

  • 安い
  • 偽物をつかまされるかもしれない
  • どのような状態のものが届くか写真からしかわからない

まとめ:日本のネットショップでの購入が安心

いろいろ調べましたが、画期的な安く買う方法はありませんでした😅

なんだかんだ日本のポイントがつくショッピングサイトが最強。

パペリナは安いお買い物ではないので、メリットデメリットを踏まえた上で納得のお買い物をしてくださいね。

それでは~

にほんブログ村に参加しています

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧モダンインテリアへ

ABOUT ME
アバター
ねぎ子
2018年に新築マンション購入。北欧インテリア&フィンランド好き。 たまの旅行を楽しみに働いている。夫のかも男とふたり暮らし。 小さい頃から間取り図が好きで、このブログではマンションの選び方を発信しています。サブブログ:かもねぎkivi研究室