収納アイデア&グッズ

マンションの収納少ない問題:3つの解決策

マンションというのはコンパクトであるが故に、どうしても収納スペースは不足しがち。

ねぎ子

うちも収納スペースはあまり多くない

そんな収納がなくて困っている方向けに今日はとっておきの解決方法お教えしちゃいます。

この3つの方法どれかで解決するはずなのです。

それでは行ってみましょー!

収納が少ない方法を解決する方法はたった3つ

収納が少ない問題を解決する方法は必ず次の3つのどれかです。

  1. 収納スペースを部屋の中に増やす
  2. 収納スペースを部屋の外に増やす
  3. モノを減らす

ね、絶対どれかでしょ?

・・・・・・

ブーイングが飛んできそうです。。。

では具体的にどうしたらいいのか見ていきましょう。

収納スペースを部屋の中に増やす方法

1収納スペースの多い間取りを選ぶ

これはおうちを選ぶ際のお話。

収納の多いお部屋を選びましょう、という話です。

最近のマンションは収納に工夫が多いマンションが多いので

間取りを見ていると「この会社のマンションは収納得意だなー」というのが見えてきます。

収納の作り方が気に入った会社のマンションを探してみるのも方法のひとつ。

逆に投資用マンションばかり扱っている会社は間取りは二の次感があります(-_-;)

ただ、スペースを無駄遣いしているウォークインクローゼットには気を付けてくださいね。

2 納戸、サービスルームを収納部屋にする

たとえ、ウォークインクローゼットが少なくても、思いきって1部屋をクローゼットにつぶしてしまうという手もあります。

うちはこれに近いかな。

3.2帖のミニ部屋を作ってクローゼットにしました。

クローゼット部屋は下記のような部屋を選ぶとよいでしょう。

  • 北側など日当たりの良くない部屋(日焼け防止)
  • 細長い部屋(収納効率アップ)

居室としては使いにくい部屋をクローゼットに活用するのはアリだと思います。

お客さんが来るなど困ったときはとりあえずこの部屋に押し込んでおけばいいので、私のようなズボラさんには超おすすめ。

収納スペースを部屋の外に増やす方法

そんな家の中にスペースあるかーい!という方。

収納スペースを外に借りちゃえばいいのです。

1 マンション外にトランクルームを借りる

外にレンタルスペースを借りちゃいましょう。

場所をとっているのはめったに使わないスーツケース、ゴルフバック、扇風機。。。そんなたまにしか使わないもの、季節モノじゃないですか?

そんな場合はトランクルームを借りてはいかがでしょうか。

トランクルームならドッとあ~るコンテナ

いやいや、そんな出し入れできるような車がないんだけど、という方。

最近は宅配でモノを出し入れできるトランクルームサービスがあります。

段ボール箱での預け入れができるので、トランクルームも借りるほど荷物の量がないという方にもおすすめです。

宅配してくれるトランクルーム【AZUKEL】

2 クリーニングの保管サービスを利用する

そんなトランクルームサービスを利用するほどじゃないんだけどなぁ。。。という方。

宅配クリーニングの保管サービスを利用してはいかがでしょうか。

冬物のコートや布団が夏の間ないだけでも大分助かるはず。

半年ほど預かってもらえるサービスもあります。

通常のクリーニング代よりは少々割高ですが、トランクルームレンタルと比べれば格安。

返却も宅配便で楽々です。

↓私はこのタカケンのクリーニングにお世話になっております。

冬はダウンコートなどかさばるものをガッツリ預けてます。

モノを減らす

さて、ここまでは場所を増やすことばかり考えていましたが、

そもそもモノを減らすことが効果てきめん。

少々今更感はありますが、私は「こんまり」の本で、モノにあふれた人生から抜け出しました。

(合う人合わない人はいると思います)

モノが減ると片付けや掃除がとっても楽になります。

おすすめの方法です。

まとめ:収納スペース不足はモノを減らすか場所を増やすかで対応!

以上、収納スペースを増やす方法をメインでご紹介しました。

マンションの収納スペースを増やすのもいいのですが、どうしても購入するマンション価格に跳ね返ってきてしまいます。

ぜひ、それ以外の外に場所を借りる、モノを減らす方法も試してみてくださいね。

それでは~

にほんブログ村に参加しています

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

ABOUT ME
アバター
ねぎ子
2018年に新築マンション購入。北欧インテリア&フィンランド好き。 たまの旅行を楽しみに働いている。夫のかも男とふたり暮らし。 小さい頃から間取り図が好きで、このブログではマンションの選び方を発信しています。サブブログ:かもねぎkivi研究室